臭い口臭に気付いてしまった瞬間。

仕事柄毎日のようにお客さんと接する私。いつもお客さんとの会話する距離には不自然な違和感があります。けれど、そんなある日、お客さんとの会話で今日はいつもより距離が近い時がありました。

 

ヨシ!がんばろう!といつもより気合を入れて接客を始めると、急にお客さんが鼻をつまみ咳き込みながら一歩二歩と後ずさり・・・。

 

口臭が臭い

 

一瞬「えっ!?」って思いましたが、その日を境に次の日もその次の日も接客の距離が縮むようなことはありませんでした。

 

同僚の子にも聞いてみました。なんで?という感じでした・・・そんなモヤモヤが残ったまま、お家でまったりしながら今日の仕事での出来事を振り返っていました。

 

 

 

面と向かって話すんだから会話の距離は近い方がいいに決まってるのに・・・そんなことをしばらく考えていましたが結局答えは見つからず、彼氏にも聞いてみました。

 

 

くだらないことだったのか、ちっともロクな答えが返ってきませんでした。

 

 

次の日・・・

 

あっ!もうこんな時間!!ヤバイ遅刻する!いつもは売り場まで階段でいきますが、こんな日に限って1ヶ月に一度のミーティングがある日でした。遅刻するとマズイのでエレベーターで行くことにしました。

 

満員のエレベーター

 

出勤時間も迫っているせいか、エレベーターには人がたくさん乗っていましたが一分一秒を争うし、あと一人か二人ぐらいは乗れそうだからのせてもらおう。

 

「すいません!乗せてください!」

 

そう言って乗った瞬間。私の目の前にいた3人が眉をしかめて鼻をツマミました。反射的に「えっ!」なんで?と声が出そうになりましたが、そそくさとエレベーターを降りて今何があったのか冷静になって考えてみました。

 

接客時のお客さんとの距離といい、今の鼻をつままれた行動といい・・・
そうか・・・そうだったんだ。これで全て話しが繋がりました。・・・私って口が臭いんだ。マジか・・・なんで今まで気づかなかったんだろう。

 

もう仕事は遅刻したっていいや!それよりもいてもたってもいられなくて、すぐにスマホで調べてみました。そしたらなんと、自分の口臭って臭くても自分では気付きにくくて、ほとんどが周りの反応で気付くとのことでした。

 

これってまさに今の私じゃん・・・ショックでした。とてもショックでした。もう何も考えられませんそのままボーッとサイトを見ていると、ちょうどそのページに試した人の92%は臭い口臭が気にならなくなった!というニオイの対策方法というものがありました。

 

藁をもつかむ思いでその方法を試してみました。
そして、それから自然とお客さんとの距離はなくなったのはもちろんのこと、面と向かって会話もできるようになって、今までの仕事がウソのように180度激変しました。

 

人との会話って無意識ですることが当たり前です。しかし、私にとっては普通じゃなかったので普通のことが出来るようになって涙が出てくるほど嬉しかったです。

 

→私の生活が激変したニオイ対策

口臭には人一倍気をつけているのになぜ臭い口臭になってしまうのか

職業柄、人と話すことが多いので、自慢ではないけれど口臭には人一倍気をつけています。それなのになぜ口が臭くなってしまうのでしょうか。

 

口臭にはタイプがあって「生理的」なものと「病的」なものに分かれるということが分かりました。

 

病的なタイプは治療が必要ですが、逆に治療をしてしまえば大げさな話口臭は治ります。でも生理的なものについては、理論的には治るはずなのですが、努力をしても治る場合ってあまり多くありません。

 

厚生労働省の統計調査でも20人に3人ぐらいは社会的限度を越える口臭で悩んでいる結果もでているほどです。

 

舌の上の舌苔の掃除

舌苔の上には揮発性硫黄化合物(VSC)という物質があって。これが唾液と交じることで臭い口臭を発生させます。つまりVSCが多い人ほど強い口臭を持っているということになります。歯磨き時はついでに舌苔の掃除を欠かさず行う傾向があります。それ故に細菌が繁殖しやすいリスクを高めています。

 

口の中が乾燥するドライマウス

ドライマウスは唾液が減ると起こりやすいものです。特にストレスや緊張時です。これは経験あると思います。唾液には口の中を洗浄したり、細菌の繁殖を抑えてくれる働きがあるので、唾液が減ると必然的に細菌は増えてしまいます。お茶やコーヒーには唾液の分泌を抑えてしまうカフェインが入っているから逆効果です。また、ジュースに含まれる砂糖にも口の中を酸化させて唾液の分泌を抑えてしまいますので逆効果です。

 

 

これらの方法は一見、口臭が治りそうなことだと思うかもしれませんが実はいずれも間違いです。舌苔は歯磨き時に毎回行ってはいけません。目安は1日1回程度にしておきます。やり過ぎないことが細菌を繁殖させにくくします。また、水分を取る時はカフェインや砂糖などが入っていない飲み物。つまり水が一番効果的です。もし臭い口臭を治すために日々これらの方法を行っているのでしたこのような対策方法に見直してみましょう。

臭い口臭を根本から治すなら臭い原因の悪玉菌へアプローチが必要

臭い口臭を治す対策といえば、口の中を清潔にすれば良い。そんな知識が根付いてしまっています。でも一度よく考えてみてください。毎日どんなに口の中を清潔にしていても、いつもの口臭はほぼ100%戻ってきてしまいませんか。

 

わたしも口の中を清潔にすることで臭い口臭は改善するものだと思っていましたが、腸内環境を良くすることが重要だということに驚きを隠せませんでした。

 

たしかにそのはず。よく口臭でヘドロの臭いやオナラの臭いと例えられる場合があります。これは腸内の悪玉菌が発酵してガスが充満しておならで解消しきれずに口に逆流してくるからです。

 

このことから口臭を治すには口の中ではなく、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を多くすれば良いということが理解できますよね。

 

悪玉菌を減らして善玉菌を増やすには

とはいうものの、本当に腸内環境を整えることが口臭を治すことにつながるのだろうか・・・そんなことを考えてしまいました。なぜ考えてしまうのかというと、ネットで調べると「口臭を治すには口内環境を良くすることが重要」という情報がほとんどだからです。そう思いながら口臭の治し方について調べてみるとふとあるサプリが目に止まりました。

 

ミラクルハーブ(別名モリンガ)を使った美臭美人というサプリです。唯一これだけは「口臭を治すためには腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす」これはまさに私がなるほどと思っていたことを主張していたのです。

 

モリンガってあまり日本では馴染みがありませんが、芸能人がちょいちょい話題にしていたし、国内工場で作られているから安全性に関しても信頼性は高いということが分かったので悪いものではないだろうと思いました。

 

というのもあって美臭美人は躊躇することなく購入してしまいました。さらに唯一美臭美人だけが腸内環境に原因があると言っていて他の口臭対策の商品とは何かが違うと思ったからです。

ついに臭い口臭が治るかも!?いつもの臭い口臭に変化が!

公式サイトを見ると、この美臭美人は3ヶ月間続けることで改善するとのことでしたが、わたしの場合、1週間ほどで臭い口臭に変化が現れてしまいました。

 

いつもより臭い口臭が和らいでいる気がするのです。ただ、朝飲んで夕方ぐらいになるとジワーっといつもの口臭に戻ってきてしまいます。

 

そんな状況を繰り返していましたが、効果は確実に感じましたので、飲み続けたところなんと40日ほどで臭い口臭に変化が現れたのです。接客時にお客さんと普通に会話ができるようになったのが何よりの証拠です。

 

 

今は美臭美人を飲んでから半年経っていますが、エレベーターではしかめツラさせることもなくなったし、なによりお客さんとの接客が違和感なく対応できるようになったことが一番嬉しいです。もしかしたら既に臭い口臭は治っているかもしれません。でも、臭い口臭に戻ってしまうかもしれないと考えるとしばらく手放すことはできません。

 

また、100種類以上の酵素も入っているらしく、化粧ノリがよくなったような気もします。臭い口臭がなくなるだけでも嬉しすぎて泣けてくるのに、美容にもいいなんてもういうことありません。

 

効果には個人差があると思いますが、もし私のように臭い口臭に毎日悩んでいるなら、今なら半額で手に入るからそれほど高くないですので試してみてもいいかもしれません。

 

→生活が180度変わる!?モリンガのパワーが凝縮されたサプリ